信長へっぽこ道場 in blog

(ピー)歳になってもゲーム大好き社会人のほとんど雑談ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

系統確立まとめ

PS2のウイニングポスト7マキシマム2008ですが
2011年の今になってもまだプレイしています。
我が家のPS2はいまだに元気に稼働中。

今のプレイでたぶん5周目くらいになると思いますが
系統確立のために初めてエディットを使いパラをいじりました。

主な調整ですが
1・序盤の系統確立を補佐するための強化
マルブツサーペンとかランニングフリーとか海外馬とか。
特殊な系統確立が目的のためカオスな展開が予想されます。

3・系統確立に絡まない馬の弱体化
ルドルフ・オグリ・ビワ・オペラオー・ディープ等
こいつらにG1持って行かれないようにします。


そんなエディットで初めて早数ヶ月、気付くと2009年まで進んでいます。
以下、今回の系統確立年表のまとめです。
(ヘタレなのでイージーモードでのプレイです)

・84年ボールドルーラー系親昇格
・85年ミルリーフ系確立
・86年ミスタープロスペクター系確立
このへんは毎度おなじみの展開です。

・87年サーアイヴァー系確立
・89年ロベルト系確立
エディットでいじって強引に確立させたこの2つ。
サーアイヴァー系は完全に勢いでやっちゃってます。

・90年ダンジグ系確立
・91年ノーザンテースト系確立
・93年シアトルスルー系確立
・94年ヌレイエフ系確立・ミスタープロスペクター系親昇格
・95年リヴァーマン系確立・ネヴァーベンド系親昇
・97年サドラーズウェルズ系確立
非常に忙しい系統確立黄金期の90年代。
ノーザンテースト系は少し補佐すれば十分確立可能ですし
リヴァーマン系はナリタタイシンが暴れれば成立しやすいです。
※このへんでミルジョージ系確立に失敗

・2000年グリーンデザート系確立
・2001年サンデーサイレンス系確立・ヘイルトゥリーズン系親昇格
海外馬カードで所持したグリーンデザートがここで確立。
早熟馬ばかり生まれたので後継馬の種付料がなかなか上がらず
数で押し切った感じの系統確立でした。

・2003年トニービン系確立
・2006年ガルチ系確立
トニービンはだいぶ遅れてここ。ジャングルポケットで決めました。
そしてこれまた海外馬カードで所持したガルチの系統確立。
アメリカでサンダーガルチが頑張り、世界で2%の確立でした。
※このへんでストームキャット系確立に失敗

・2007念ブライアンズタイム系確立
・2008年デインヒル系確立・ダンジグ系親昇格
ブライアンズタイム系はナリタブライアンの地味な種付料維持に加えて
晩成馬(タイムパラドックス)とタニノギムレットで最後のダメ押し。
反面、デインヒル系は自分で所持していれば早世しないので
欧州で産駒が暴れ始めるこのへんで勝手に成立するでしょう。


順調に進めば今後系統確立しそうな種牡馬
・ナシュワン~これも海外馬カード。あと2~3年で確立しそう
・キングマンボ~所持しているのでほぼ確定
・エルコンドルパサー~CPU馬が調子いいのでいけそう
・モンジュー~これも所持&インデュラインの活躍でほぼ確定
・グラスワンダー~今回初の所持ですが仔出しの良さが異常。
・フジキセキ~牝馬の活躍が多く牡馬が弱めなので要フォロー


途中何点か失敗してますが、だいぶいい感じに進んでます。
そんな今の悩みは所有馬の名前のネタが切れてきたこと。
そりゃ5周もすればネタも尽きますよ…
スポンサーサイト
  1. 2011/08/09(火) 11:19:36|
  2. ウイニングポスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ウイニングポスト】エイシンワシントン系

以前ちょっと書いたエイシンワシントン系の系統確立を目指して
せっせと進めていたウイニングポストのお話です。
(PS2のウイニングポスト7・2008年版をプレイ)

結果から言ってしまいますと無事に成功しました。

オジジアン系


輸入した時に保有していたオジジアン(エイシンワシントンの父)が
2008年にオジジアン系統確立。そしてその2年後…



エイシンワシントン系


2010年、無事に目標のエイシンワシントン系が確立されました。
オジジアン・エイシンワシントン共に因子はスピードが1つ
スピード・スタミナ系統は共に無しという結果になりました。


<確立に向けての流れ>
何とかNHKマイルと海外GI1つを勝った程度ですが
3歳で引退してさっさと種牡馬入りして産駒デビューを急ぎます。

エイシンワシントンの血統はどちらかと言えばマイナー血統で
ノーザンダンサー系もミスタープロスペクター系も入っておらず
アウトブリードには向いているのですが、爆発力が少々不足気味。

比較的相性が良く強い産駒を産んでくれた牝馬ですが
ダイナアクトレス・テイエムオーシャン・キョウエイマーチなど。
流星も一頭生まれ超期待しましたが、パワーが全く無いハズレ馬で
GIを1勝も出来ず付いた特性がローカルと軽ハンデという始末(泣)
それでも重賞は7勝くらいして種牡馬入りはしましたが。

最初の数年は牡馬より牝馬優先で育てて繁殖入りさせました。
種付料50万円でもいいので毎年後継種牡馬を増やしていくことで
下手な鉄砲をさらに数打つ状況にした訳ですが、これが大正解。

エイシンワシントン産駒の特徴ですが、
スタミナはあまり無い馬ですがスピードと勝負根性はそこそこあるので
重賞を勝つ程度の産駒は割とバンバン産まれました。
最終的な種付料は1800万円でしたが無事に系統確立が出来て一安心。
いやー個人的に好きな馬だったのでプレイしていて楽しかったです。




…しかしそれ以外の系統確立はミスだらけ。
ダンシングブレーブ・ブライアンズタイムは系統確立出来たものの
キングマンボとフォーティナイナーを立て続けに失敗。
おかげでアドマイヤムーンやキングカメハメハを育てた数年が無駄になり
現在2011年、サードステージ・インデュラインの系統確立が怪しい雰囲気に。

そしてまたもヒシミラクルのムービー取得に失敗。
菊花賞出出走で4番人気、走る前に終了しました…
(5番人気以下で勝つのが最初の条件)



また最初からやろうかなあ…
  1. 2011/06/26(日) 02:39:51|
  2. ウイニングポスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。